Subtool

dgaga

Sub0fgjsdf2.jpg
Split・・・メッシュを分割して複数のSubtoolに分ける。
SplitHidden・・・表示・非表示で別のSubtoolレイヤーに分ける。物理的にも分断される。
GroupsSplit・・・全て表示した状態でポリグループごとに分断する。SliceCurveブラシなどと併用すると捗る。
SplitToSimilarParts・・・insertMeshブラシなどでジッパーなどを作ったときに、ブラシで描いたジッパーの一つなぎがカタマリとなってSubtoolに登録される。
SplitToParts・・・ジッパーの金具の一つ一つがバラバラにSubtoolに登録される。
SplitUnmaskedPoints・・・マスクされてない部分を新規Subtoolに移す
SplitMaskedPoints・・・マスクされてる部分を新規Subtoolに移す


Sub3


Merge・・・ブーリアン結合
MergeDown・・・上のレイヤーを下のレイヤーと結合する。
MergeSimilar・・・ポリゴン数やジオメトリが同じサブツールをマージする。
MergeVisible・・・表示されているsubtoolレイヤーを結合する。ツールライブラリにコピーができる。
Weld・・・接合部のポイントとエッジが結合される。
Uv・・・UVが結合される。

Sub4
DynameshやZRemesherを使った方が良い結果がでるだろう。
Remesh・・・メッシュのリトポロジが可能。
RemeshAll・・・表示されてるメッシュトポロジの再編集。シンメトリの設定が可能。
Res・・・メッシュ解像度
Polish・・・磨きをかける。円マークON・・・既存のフォルムを削らない。円マークOFF・・・どんどん削って磨く。
PolyGrp・・・ON・・・新規ポリグループをつくる。OFF・・・新しいポリグループを作らない。


Sub5
Project・・・
ProjectAll・・・ソースメッシュからターゲットメッシュへ再編集する。トポロジは似ても似つかなくなるがフォルムは似ることになる。ソースメッシュとターゲットメッシュは同じサブツールのリストにないといけない。
それぞれ別のサブツールにわかれていることがベスト。
Dist・・・1が最小値。ソースメッシュとターゲットメッシュの相対距離に関係する。
Mean・・・ポイント位置の平均。高めに設定するのが良い。
PABlur・・・スムース。最大値は100
ProjectionShell・・・正の値だとInnerがONになる。
Farthest・・・ソースメッシュの最も遠いポイントを基準にする。
Outer・・・ソースメッシュの頂点がターゲットメッシュの内側にあった場合は無視される。
Inner・・・ソースメッシュの頂点がターゲットメッシュの外側にあった場合は無視される。

Sub6
Extract・・・メッシュを分離する。表示、非表示、マスクなどによる。
S Smt・・・分離部分のスムース。円マークON・・・原型を維持。円マークOFF・・・原型無視。
Thick・・・厚み。参考・・・0.01が布。0.03が皮革。
Accept・・・分割後の処理。ON・・・新規サブツールを作成。このボタンが押されるまではプレビュー状態。
Double・・・ONの時にExtractするとサポートメッシュの内外にThickで設定された厚みを作る。+-無視
TCorner・・・三角ポリゴンの使用可否。
Tborde・・・エッジ周辺に薄い領域ができる。

Post a comment

Private comment

カテゴリー
リンク